ファッション

DFSがイタリア・ベネチアにヨーロッパ初出店

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン傘下のDFSは10月1日、イタリア・ベネチアにヨーロッパ初となるショップをオープンする。フロア面積は約7030平方メートル。ベネチアで2番目に大きな建物はベネトン一家が所有しており、運河沿いで、かつてはシルクの交易が行われていた場所だ。グループのフィリップ・シャウス会長兼最高経営責任者は、「ヨーロッパ初出店は大きな一歩。(世界的に百貨店は苦戦しているが)われわれはあらゆるカテゴリーを取りそろえているワケではない。コンパクトな規模で、観光客に特化し、大きな喜びを提供したい」と話す。2、3年以内で1億ユーロ(113億円)の年商を目指す。

世界的規模のイタリアン・ラグジュアリーが全体の1/3、イタリア以外のブランドが1/3、化粧品や食品、アルコール、そのほか現地の物産品が残りの1/3を占める。「80%の観光客は、イタリアに来たら、イタリアンブランドを欲するもの。だからベネチアングラスやブラーノ島のレース、ベネチアの仮面など、伝統的なイタリアン土産も幅広く取りそろえた」とシャウス会長兼CEO。「グッチ」「ボッテガ・ヴェネタ」「ブルガリ」「ダミアーニ」「フェンディ」「ランバン」「ティファニー」「ヴァレンティノ」「カルティエ」「オメガ」「パネライ」「ウブロ」「ブリオーニ」「バーバリー」「サルヴァトーレ フェラガモ」「モンクレール」「エルメネジルド ゼニア」「ジミー チュウ」「ジュゼッペ ザノッティ」などそうそうたるラインアップだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。