ビジネス

ライトオンが好調持続 既存店売上高9%増 16年8月期

 ライトオンの2016年8月期決算は、売上高が前期比10.5%増の864億円、営業利益が同61.3%増の37億円、経常利益が同61.0%増の36億円、純利益が同2.3倍の17億円で、2期連続の増収増益だった。ベーシックアイテムへの注力や「リーバイス」「エドウイン」「ジースター ロゥ」をはじめとするナショナルブランドとの連携強化、プライベートブランドの起毛商品「モコモコ」シリーズの好調で売り上げが伸長。若手タレントを起用したTVCMなどの販促も奏功し、既存店売上高は同9.2%増になった。
 
 17年8月期は、売上高が同5.2%増の910億円、営業利益が同8.5%増の40億円、経常利益が同8.8%増の40億円、純利益が同14.0%増の20億円の3期連続増収増益を見込む。

 同社が発表した中期経営計画では、ドクターデニム ホンザワの本澤裕治・社長が手掛ける「バックナンバーデニム」などの新規展開でライトオン発信の商品力強化を図る。また、これまではSC内の中型区画中心だった出店を改め、アンカーストアとなる好立地で大型の区画確保を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら