ファッション

「キールズ」が創業165周年で記念パーティー開催 川畑要がライブパフォーマンスを披露

 1851年、ニューヨークでアポセカリー(調剤薬局)として誕生した「キールズ」(KIEHL’S SINCE 1851)が8月31日、創業165周年記念レセプションパーティーを表参道のIDOLで開催した。パーティー会場は、人気製品の展示のほか、人気イラストレーター4人(CHOCO MOO、FACE、SHOGO SEKINE、SHETA)が「キールズ」のために描き下ろした特大のイラストが。スペシャルゲストに、川畑要やFEMMが登場、熱いパフォーマンスが繰り広げられた。

 担当メイクアップアーティストから勧められて約10年前から「キールズ」を愛用しているという川畑は、「ローションや乳液、リップも使っている。デザイン性が高くて、部屋に置いておいてもおしゃれ。テンションが上がるね」と絶賛。パーティー終了間際、「ハッピーバースデー」をアカペラで歌いながら登場し、ケミストリー時代のヒット曲などを熱唱。その歌声に、会場に集まったインフルエンサーらは酔いしれた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら