ファッション

「キールズ」が創業165周年で記念パーティー開催 川畑要がライブパフォーマンスを披露

 1851年、ニューヨークでアポセカリー(調剤薬局)として誕生した「キールズ」(KIEHL’S SINCE 1851)が8月31日、創業165周年記念レセプションパーティーを表参道のIDOLで開催した。パーティー会場は、人気製品の展示のほか、人気イラストレーター4人(CHOCO MOO、FACE、SHOGO SEKINE、SHETA)が「キールズ」のために描き下ろした特大のイラストが。スペシャルゲストに、川畑要やFEMMが登場、熱いパフォーマンスが繰り広げられた。

 担当メイクアップアーティストから勧められて約10年前から「キールズ」を愛用しているという川畑は、「ローションや乳液、リップも使っている。デザイン性が高くて、部屋に置いておいてもおしゃれ。テンションが上がるね」と絶賛。パーティー終了間際、「ハッピーバースデー」をアカペラで歌いながら登場し、ケミストリー時代のヒット曲などを熱唱。その歌声に、会場に集まったインフルエンサーらは酔いしれた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら