フォーカス

百貨店リビングフロア担当によるミラノサローネ注目トレンド そごう・西武編

 4月に開催されたミラノサローネ国際家具見本市(以下、ミラノ家具見本市)は、過去最高の 来場者数を記録した。ミラノ市内では同時期にインテリア業界だけでなく、ファッションをはじめ異業種がイベントなどを行い、年々盛り上がりを見せている。日本でも、住空間への消費者の関心が高まっており、さまざまな提案が見られる昨今。家具から雑貨まで幅広く取り扱う百貨店では、ミラノサローネからどのようなヒントを得て、売り場に反映しているのだろう

そごう・西武
指田孝雄/そごう・西武 商品部雑貨統括部長兼インテリア部部長

WWDジャパン(以下、WWD):ミラノサローネはイベントとして年々拡大しているようだが、それに関してどう思うか?

指田孝雄・部長(以下、指田):ミラノサローネは世界のデザインを牽引するイベント。業界問わず、デザインを軸にモノと事を融合した提案が多く見られた。

WWD:今年のミラノサローネの全体的なムードや傾向は?

指田:アーカイブのアレンジが多く、2~3年前に比べると新作が減っている感じがする。ミラノ家具見本市は今年、キッチンにフォーカスした年だったため、食とインテリアをミックスした提案が多かった。また、ステンレスや大理石などに木を合わせるなど異素材の組み合わせも目立った。今後、キッチンは日本市場で伸びると思われる。そごう・西武ではアート&デザインを発信し続けているので、デザイナーや産地の発掘も積極的に行っている。

WWD:注目のブランドは?

指田:デザインとアートを感じさせる「モーイ(MOOOI)」は斬新なデザインで圧倒的な存在感があった。「カッシーナ(CASSINA)」はパトリシア・ウルキオラ起用で話題になっていた。今年誕生400年を記念した有田焼のブランド「2016/(ニーゼロイチロク)」も注目度が高かった。有田の窯元と商社、世界中から選ばれた16組のデザイナーが次世代の有田焼を制作し発表。日本のモノづくりに対する関心が高いと実感した。

WWD:今後の売り場展開の予定は?

指田:今後、デザイン性の高い「モーイ」や「カルテル」などテスト的に扱う予定だ。「アルマーニ カーザ(ARMANI CASA)」や「ヴェルサーチ ホーム(VERSACE HOME)」などファッション・ブランドが手掛けるインテリアも、外商顧客への紹介をはじめ、店舗を選んで導入していく。次世代の有田焼を提案する「2016/(ニーゼロイチロク)」は西武渋谷店で10月19日、そごう横浜店で20日から、世界に先駆け先行販売する。そごう・西武のe.デパートでは9月初旬から予約受付も開始し、約380アイテムを販売する。400年の歴史を経て、世界のデザインと日本の技術が融合した「2016/」を大々的にアピールしていきたい。

WWD:今後の課題は?

指田:次世代顧客の獲得と、建築家やコーディネーターの目を通した提案。またネットとリアル店舗を連動させたオムニチャネルも強化していきたい。そごう・西武のカラーをどう出していくかが一番の課題だ。

【関連記事】
百貨店リビングフロア担当によるミラノサローネ注目トレンド 三越伊勢丹編