ファッション

中目黒高架下開発の出店テナント発表 蔦屋書店のほかLDHのカレー店も

 東京急行電鉄は、東京地下鉄と共同で開業する中目黒駅高架下の新施設(名称:中目黒高架下)に出店する28店舗を発表した。すでに出店が明らかになっている「中目黒 蔦屋書店」の他、エグザイル(EXILE)が所属するLDHグループによるカレー専門店「井上チンパンジー」、マーガレット・ハウエルによるカジュアルライン「MHL.」、スマイルズによる窯焼き料理とワインの新業態「パビリオン」などが出店。目黒川から山手通りを越えて祐天寺方面へ続く、約700メートルの高架下の空間に店舗が並ぶ。開発コンセプトは“シェア”。高架下というひとつ屋根の下をさまざまな店舗を“シェア”し、中目黒らしい街の楽しみ方を提供する。

 中目黒には1日、東急東横線と東京メトロ日比谷線合わせて41万人以上が乗降している。

■新店一覧
・窯焼き料理とワイン専門店「パビリオン(PAVILION)」(スマイルズ)
・ダイニング「グッド・バーベキュー(GOOD BARBEQUE)」(アキナイ)
・スープ専門店「スープストックトーキョー(Soup Stock Tokyo)」(スープストックトーキョー)
・フレンチトースト「ロンカフェ スタンド ナカメグロ(LONCAFE STAND NAKAMEGURO)」(湘南ライセンス)
・アパレル・雑貨「MHL.」(アングローバル)
・書籍・雑貨・カフェ「中目黒 蔦屋書店」(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)
・フラワーショップ「青山フラワーマーケット」(パーク・コーポレーション)
・ベーカリーカフェ「ザ シティ ベーカリー(THE CITY BAKERY)」(フォンス)
・ワイン&チーズ専門店「ヴォノスやまざき」(ヴォノスやまざき)
・カレー専門店「井上チンパンジー」(LDHKitchen)
・焼きそば・唐揚げ「らんまん食堂」(ハレノヒ)
・おでん「鶏だしおでん さもん」(のむら本店)
・グリル&カフェ「アサドール・デル・プラド」(PBJapan)
・うどん居酒屋「二○加屋長介」(トランジットジェネラルオフィス)
・スペインバル「カルド ナカメグロ(Caldo NALAMEGURO)」(アイアンインテンション)
・立ち鉄板「鉄板焼 芯 立ち呑みや」(芯)
・寿司「寿司の磯松」(松風堂)
・立ち食い焼肉「治郎丸」(MUGEN)
・のどぐろ・牡蠣・日本酒バル「ノドグロヤ カキエモン(NODOGUROYA KAKIEMON)」
・アジアン餃子「原宿餃子樓 ハノイの風」(ペニーレーン産業)
・ラーメン屋「つけ麺や 武双」(ティーエッセンス)
・日本酒&炉端焼き「炉端のぬる燗 佐藤」(東京レストランファクトリー)
・イタリアン「原トリッパ製造所」(ティーエッセンス)
・酒亭「中目黒伍燗 GALLERY亀八堂」(シンパチコーポレーション)
・小料理屋「おばんざいソウル小町」(T・S・E)
・オフィス・ショップ「ナカメ ギャラリー ストリート(NAKAME GALLERY STREET)」(リアルゲイト)

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら