ファッション

「ゼプテピ」がエムアイユーにイン・ショップをオープン 伊藤壮一郎と松倉領がお出迎え

 松倉領が手掛ける「ゼプテピ(ZEPTEPI)」は8月20日、東京・中目黒にあるセレクトショップ・エムアイユー(M.I.U.)にイン・ショップをオープンした。2011年に立ち上がった「ゼプテピ」のブランド名は、“最初の時”を表す言葉に由来。一つ一つ手作りしているというブランドを代表する半透明のバッグは、ウルトラライトでありながらテントなどに使用される生地“キューベンファイバー”を採用することで耐久性にも優れている。価格は8100円~1万4040円で、エムアイユーでしか手に入らない限定カラーも登場。また、店頭では撥水加工が施された古着のデニムパンツや刺繍Tシャツが並び、実際に水を弾く様子を楽しむことができる什器も設置される。

 イン・ショップのオープンの経緯についてエムアイユー主宰の伊藤壮一郎は、「松倉さんは、小学校・中学校の大好きな先輩。1年ぐらい前にとある仕事の企画で久々にお会いして、その時に意気投合して今回のオープンに至った。楽しみながらやっているのが伝われば嬉しい」と語った。

 前日の19日には、オープンを記念したパーティーを開催。梶雄太や宇佐美陽平、山王丸久美子、荒木大輔ら人気スタイリストなど、デザイナーと親交のある業界人が大勢来場した会場は盛り上がりを見せた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら