ファッション

「バカルディ」による”音楽×アート”イベントがNYに上陸! エイサップ・ロッキーら人気ラッパーが続々出演

「バカルディ(BACARDI)」の新グローバル・チーフ・クリエイティブ・フォー・カルチャーに指名されたラッパーのスウィズ・ビーツ(Swizz Beatz)が11日夜、米ニューヨークのサウスブロンクスでイベント「ノー・コミッション(No Commission)」を開催した。

「バカルディ(BACARDI)」がスポンサーを務める同イベントは、12月にマイアミビーチで行われたアート・バーゼルでローンチされ、芸術家が作品を展示・販売するアートフェアだ。会場にはシャネル・イマン(Chanel Iman)やココ・ロシャ(Coco Rocha)、カルーシェ・トラン(Karrueche Tran)ら有名人も多く訪れた。

イベントではエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)、エイサップ・ファーグ(A$AP Ferg)らがハーレム川付近で野外ライブを行ったほか、近くの倉庫では芸術作品や壁画の展示を行った。

「ノー・コミッション」は21日まで開催され、ヤング・サグ(Young Thug)、Qティップ(Q-Tip)、プシャ・T(Pusha T)らのパフォーマンスも予定されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら