ファッション

等身大のリラックススタイルが一番のおしゃれ! コペンハーゲン・ファッション・ウィーク

 8月12日から3日間、ファッション・ウィークが行われていたコペンハーゲンの街には、フェミニンなマキシ丈のドレス、フラワープリントや寒色のウエアを着た人々でにぎわっていた。「ヴェトモン(VETEMENTS)」のように、ボンバージャケットやフーディーといった、1990年代にインスパイアを受けたストリートウエアが主流だった。このトレンドは今シーズンも健在で、ロゴTシャツ、ワイドレッグパンツ、デニムが人気だった。ひんやりとした気候にもかかわらず、サンダル、パジャマのようなパンツやブラウスなど、軽やかでラフなスタイルが好まれていた。

 「デンマーク人は世界で一番垢抜けているわけでも、ファッショナブルなわけでもないけど、とてもクールだわ。大事なことは心地の良いリラックスした格好をすること。石畳の街をあちこち歩き回る私たちは、ビジネスウーマンが履くようなハイヒールは身に付けないわ。」と、モデルのナジャ・ベンダー(Nadja Bender)は語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら