ファッション

「ミハラヤスヒロ」2016年春夏東京ファッション・ウイーク

[rel][item title="【スペシャル】東京ファッション・ウイーク2016年春夏特集 ショーの一般招待やファッショニスタ、参加ブランドのSNSレポート企画などを実施" href="http://r.advg.jp/adptg_count/r?adptg_aid=5824&adptg_mid=190&adptg_lid=2" img="http://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/10/fcfab5479659ece4a63c9d70f38331d0.png"][/rel]

REPORT

ダダイズムに潜む危険性を回避したレイヤード

異なるものを組み合わせ、そこから新たな美を見出す芸術思想ダダイズムは、リミックスやハイブリッドが得意な、東京のメンズブランドにとって、魅力を引き出しやすいテーマだ。「ミハラヤスヒロ」の2016年春夏メンズは、まさにそのダダイズムがテーマ。三原はその芸術思想をファッションに置き換え、ある時は1着の洋服でワークやミリタリー、フォーマルなどの異なるテイストをハイブリッドすることで、ある時はムードも丈感も異なる複数の洋服をレイヤードすることで、前者では1着の中で後者では1つのスタイルの中でダダイズムを表現した。

ただ、クラフト感の強いコレクションを得意とする三原にとって、足し算のダダイズムは、ともするとコレクションを重たく見せる危険性もはらんでいる。今シーズンは、それを巧みに回避しつつ、彼らしさを残すことに成功した印象だ。
重たさを回避できた一つの理由は、前述の通りワークやミリタリーなど、テイストをメンズの定番に限定したこと。これが、理解のしやすさにつながった。また、甘く編むことでインナーや肌をのぞかせたニット、格子柄に切り抜くことでビンテージ感を増しつつも軽くなったスエット、薄手の生地でフリュイドなアウターなど、軽い服作りもポイント。ベージュやオフホワイト、リネンなどを差し込むことで、軽量感をさらに高めている。凹凸の大きなシアサッカーなど、春夏素材の定番も意欲的に取り入れた。

レイヤードは、今のメンズにとって欠くことのできないスタイル。しかしそれは、ともすればスタイリング至上主義に陥り、凡庸な単品を卓越のスタイリングで見せる小細工や、春夏には重すぎる重ね着に着地しがち。今シーズンの東京ファッション・ウイークでベテランの一翼を担うデザイナーは、それを、作り込んだ軽い単品を複数用意することで周到に避け、成功に導いた。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら