フォーカス

連ドラ出演で注目が集まる村上虹郎が語る 仕事・ファッション・美容について

 映画やドラマ、舞台と幅広く活躍する若手俳優、村上虹郎。役者を始めてまだ3年ほどだが、その独特な存在感で注目を集めている。現在、19歳という多感な彼が、仕事、ファッション、美容についてどう考えているのか、素直な気持ちを語ってもらった。

WWDビューティ(以下、WWD):俳優を志したきっかけを教えてください。

村上虹郎(以下、虹郎):2014年に河瀨直美・監督に声を掛けていただいて、「2つ目の窓」という作品に出演したことがきっかけです。それまでは芸能界に対しても抵抗がありましたし、特に目指してはいなかったのですが、実際にやってみると、刺激的な世界で、今は本格的に役者を続けていきたいと思っています。

WWD:現在、自身初となる連続ドラマ「仰げば尊し」(TBS系)にも出演中ですが、いかがですか?

虹郎:吹奏楽部の部員で元バンドマンという設定なので、ドラマの中でエレキギターを弾くシーンもあるので、今、練習しています。少しはまっていて、これからもっとしっかりギターを勉強しようかなと思っているところです。

WWD:これまでに記憶に残っている自身の仕事は?

虹郎:文部科学省の海外留学促進用ムービーで、ライムスターのMummy-Dさんと共演して、そこで初めてラップに挑戦しました。反響も大きく、うれしかったです。

次ページ:15歳以来のロン毛にもう一度挑戦してみたい▶︎

ページ: 1 2 3