ファッション

エルメスがピエール アルディの少数株式を取得

 エルメス グループ(HERMES GROUP)は仏バッグ&シューズブランドの「ピエール アルディ(PIERRE HARDY) 」を手掛けるメゾン ピエール アルディ(MAISON PIERRE HARDY)の少数株式を取得した。

 ピエール・アルディ(Pierre Hardy)「ピエール アルディ」創設者兼アーティスティック・ディレクターは1990年から「エルメス(HERMES)」のフットウエア、2001年からジュエリーのデザインを手掛けてきた。また、自身のブランドを1999年に立ち上げ、カラフルで建築的なシルエットのシューズで知られている。

 エルメスは今回の取引の目的は「ピエール アルディ」のグローバルな成長に貢献し、長年培ってきた両社の関係の強化を図ることだと発表。アクセル・デュマ(Axel Dumas)=エルメス・インターナショナル(HERMES INTERNATIONAL)最高経営責任者は「一流を目指す一族の一員として、クリエイティブな才能と素晴らしい専門技術を併せ持つピエール・アルディをサポートできることを誇りに思う」とコメント。一方、アルディは「優れた物づくりを支持し続けているエルメスとの提携を非常にうれしく、誇りに思う。これは25年間におよぶクリエイティブなコラボからの自然な流れ」と語る。

 エルメス グループは他にメンズのシューズブランド「ジョンロブ(JOHN LOBB)」を傘下に持っている。

MILES SOCHA
訳 北坂映梨

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。