ファッション

デンマークの家具メーカーのカール・ハンセン&サンの旗艦店がオープン

 デンマークを代表する家具メーカーのカール・ハンセン&サン(以下、カール・ハンセン)は3月3日、神宮前に旗艦店をオープンした。カール・ハンセンは1908年創業。20世紀を代表する家具デザイナーのハンス・J・ウェグナー(Hans J. Wegner)を始め、モーエンス・コッホやコーア・クリントなどデンマークの著名デザイナーの家具を製造している。約185�u、2層からなる同店の1階は老舗工房のルド・ラスムッセンのクラフツマンシップが光る家具を、2階にはハンセンを始めとする数多くの名作を展示し販売する。入口のスペースにはウェグナー作のアイコニックな「Yチェア」や、フリッツ・へニングセンがデザインした名作の復刻版「ヘリテージチェア」を展示。カール・ハンセンの世界観及び、商品一つひとつのストーリーの発信を行なう。

 同社は今年ウェグナー生誕100周年を記念し、ロゴマークを一新。また、彼が55年にデザインし当時プロトタイプのみ製造された幻の椅子「CH88」を4月2日に発売する。「CH88」の素材はビーチ材、オーク材、フレームはステンレススチール、ブラック、クローム、座面は合板、革張り、布張りから選べる。小売り価格は4万6000円(税抜き)から。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら