ファッション

BGMを利用し、店舗の個性を主張! 音楽アプリ「ランブリング・プレイヤー」がファッションブランドで支持拡大

 音楽レーベルのランブリング・レコーズ(Rambling RECORDS)のショップ専用BGMアプリ「ランブリング・プレイヤー(Rambling Player)」がファッションブランドを中心に支持を伸ばしている。同アプリはiOS対応のスマートフォンやタブレットで無料ダウンロードし、初期設定をすることで、ショップのイメージに合う音楽だけを流せるというもの。

 これまでは決められたBGMだけを流すだけの店舗が多かったが、同アプリを導入すれば、BGMを含めた店舗ブランディングが容易になる。セールに合わせて時間単位で音楽を仕込むなど、カスタムも可能だ。曲名が常にディスプレイに表示されるため、顧客との会話のタネにもなる。音源は毎月アップグレードされる。

 ランブリング・レコーズは佐渡和広・社長が2001年に設立した音楽レーベルだ。"衣食住に必ず音楽を"をテーマに、映画サウンドトラックや生活に合うBGMを多く手掛けている。これまで、「マッキントッシュ」とコラボしたオリジナルCD制作やファッションショーの音楽監修を行うキュレーター集団The Music Agencyとの限定チャンネル制作など、幅広い音楽事業を行っている。

 同社は音楽レーベルとして楽曲権利を持っているからこそ、昨今話題の著作権問題もない。佐渡社長はアプリについて、「店舗の雰囲気づくりにはBGMが欠かせないが、企業のコンプライアンスの問題もあり、自由なBGM作りに踏み込めなかったブランドも多いはず。これからはBGMで店舗の差別化を図るべき」と意気込む。

■ Rambling Player :http://www.r-bgm.com/
※2週間の無料利用キャンペーンを実施中

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら