ファッション

アメリカ発のフローズンヨーグルトショップ「ピンクベリー」が7月18日、ヴィーナスフォートに1号店

 アメリカ・カリフォルニア発のフローズンヨーグルトショップ「ピンクベリー(pinkberry)」の日本1号店が、7月18日にヴィーナスフォートにオープンする。
 「ピンクベリー」のフローズンヨーグルトは、ミルクもヨーグルトも無脂肪牛乳を使用。ベースのフローズンヨーグルトは、オリジナル、ストロベリー、ザクロ、クッキー&クリーム、チョコレートヘーゼルナッツ、マンゴーの6種類を取り揃える。トッピングには店舗でカットする旬のフレッシュフルーツのほか、チョコレートやクッキー、グラノーラ、グミなど常時20種類のトッピングを用意。自分好みのフローズンヨーグルトが味わえる。価格は、スモールが360円〜、レギュラーが510円〜、ラージが660円〜。
 「ピンクベリー」は、カリフォルニア・ウエストハリウッド創業。世界20カ国、260店舗を展開し、多くのハリウッドセレブに愛されるなど、アメリカのアイコン的ブランドだ。

■ピンクベリー ヴィーナスフォート店
オープン:7月18日
営業時間:11:00〜22:00(7月18日は12:00オープン)
フロア:2階 ヴィーナス グランド(Venus GRAND)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら