ニュース

パルがスタイリスト相澤樹・監修の新業態 3月に期間限定店、9月に旗艦店

 パルは、スタイリスト相澤樹・監修のセレクトショップ「ココアッコ(COCO ACCO)」を、3月18日から5月15日に大阪・梅田の商業施設「チェルシーマーケット(CHELSEA MARKET)」にオープンする。9月には同じ場所に1000平方メートルの旗艦店を開く。また2018年以降、東京にも旗艦店を出し、駅ビルなどに20店舗までの小型店を展開する計画だ。さらに東アジアの主要都市への出店も構想している。

 "世界のどこでもないような異空間への小旅行"をテーマに、ファッション誌「装苑」やミュージシャンの衣装デザインを手掛ける、アジアに注目するスタイリスト相澤樹が監修する。取り扱いブランドは、 国内ブランドが8割、海外ブランドが2割。ファッションとアクセサリー雑貨が半々の構成だ。その他にも、絵画や一点物の商品などを販売する。

 オープンに合わせて、タレントの久本雅美やモデルの田中シェン、「ノゾミ イシグロ(NOZOMI ISHIGURO)」「キャンディストリッパー(CANDY STRIPPER)」など、20人のアーティストやブランドが今回のために一点物の商品を制作した。Tシャツ(1万8000円)とバッグ(1万5000円)を販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら