ニュース

「ディーゼル ブラック ゴールド」初の路面店が青山にオープン 「ディーゼル」新店舗と併設

ディーゼル ジャパンは3月16日、「ディーゼル(DIESEL)」と「ディーゼル ブラック ゴールド(DIESEL BLACK GOLD)」の直営店を南青山5丁目に同時オープンする。2店舗併設する形の路面店は、日本初。「ディーゼル」は、既存店と同じように壁面や什器に黒やメタリック素材を使いながらも、ウッド素材も取り入れた新たなコントラストで、黒を基調にした重厚感のある空間の中に、落ち着きと温かみのある印象を演出する。主力のデニムアイテムをはじめ、ウエアからシューズ、バッグ、アクセサリーまで充実する。店舗面積は約205平方メートル。オープンを記念し、同店限定のメード・イン・ジャパンのデニムコレクションや特製加工のウォッシュデニム、レザージャケットなどを販売する予定だ。日本初の路面店になる「ディーゼル ブラック ゴールド」は、「ディーゼル」と対照的に、コンクリートの無機質な空間を作った。店舗面積は約60平方メートル。「ディーゼル ブラックゴールド」でも、青山限定でコレクションのエッセンスを落とし込んだレースアップのレザージャケットやメンズのエクストラロングのデニムパンツなどをそろえる。

同社の青山出店は、現在渋谷に構えるコンセプトストア内に併設する形で移転したディーゼル デニム ギャラリー アオヤマ以来になる。