ファッション

白幡啓の新業態「スタイリング/」が表参道、大阪、新宿に ”キッチン”をコンセプトに野村訓市が内装デザイン

 マッシュスタイルラボは、2016年春にデビューするスタイリスト白幡啓による新業態「スタイリング/(STYLING/)」の店舗をオープンする。1号店は、3月1日に表参道ヒルズ地下1階(店舗面積約97平方メートル)、続いて、3月4日にルクア大阪2階(同約62平方メートル)、3月9日に新宿ルミネ1・2階(同約75平方メートル)に構える。

 ショップコンセプトは、"キッチン"。ステンレスを用いた無機質で重厚感のある空間を作り、女性らしさの中にメンズファッションのシンプルな潔さを融合させたというオリジナルブランドの「ケイ シラハタ(KEI SHIRAHATA)」と国内外からのセレクト商品を並べる。内装デザインは、野村訓市率いるトリップスターが手掛ける。また、「スタイリング/」では、ショップスタッフを"ショップスタイリスト"と呼び、白幡自らが指導し、1人ひとりに合うコーディネートを提案する。

 「スタイリング/」のターゲット層は、30代前半〜40代後半のキャリアウーマン。主な商品の価格帯は、アウターとライダースジャケット、レザーパンツが5万〜9万円、ブラウスが1万8000〜4万円、シャツが1万5000〜2万5000円など。デビューの16年春夏は、「保守的な大人にどこまで遊び心を受け入れてもらえるかにチャレンジした」というコレクション。モノトーンを中心に、レザーやシルク、リネンなどを用いたジャケットやロングスカートもスリットやレースでエレガントに見せる。

【関連記事】
マッシュスタイルラボが来春新業態をスタート

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら