ファッション

「+J」が今秋限定復活 「ベスト オブ +J」が発売

 ファーストリテイリングは、デザイナーのジル・サンダー女史とのコラボレーションライン「+J」の特別コレクション「ベスト オブ +J」を、9月26日から国内28店舗とオンラインストアで販売することを発表した。「+J」は、2009-10年秋冬から展開していたが、11-12年秋冬シーズンに展開終了。購入客による要望を受け、同ラインの復刻を決定した。

 今回展開する製品は、「+J」の中でも人気のあったアイテムで、セーター、コート、ダウンジャケットなどがラインアップする。中心価格帯は、アウター1万2900〜1万9900円、パンツ・スカート3990〜5990円、シャツ3990円、ニット2990〜1万4900円、ドレス7990円(全て税抜き)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら