ニュース

「オープニングセレモニー」×水原希子コラボライン第5弾 ビジュアルには妹・佑果が初登場

 「オープニングセレモニー」は、水原希子とのコラボレーションライン「キコ ミズハラ フォー オープニングセレモニー(KIKO MIZUHARA FOR OPENING CEREMONY)」の2015年春夏コレクションを発表した。

 5回目となる今回のコラボレーションでは、「A LIFE OF THE GIRL AT TENNIS CLUB」「LOVE GAME=0 POINT GAME」をテーマに、ヘルシーでエロティックなスポーツテイストあふれるウエアを提案する。インスピレーション源は、「枠におさまらない欲望を抱え葛藤し、優等生になりたくない彼女たちのライフスタイル」。テニスをイメージしたビジュアルには、ダブルスのペアとも見える水原希子と水原佑果が姉妹で登場。同コラボラインのビジュアルに妹でモデルの佑果が起用されるのは今回が初めて。

 自分なりの着こなしがかなうストライプジャケットとマイクロミニショートパンツ、テニスネットを表現したメッシュプリーツスカート、サマーギンガムチェックで爽やかに仕上げたキャミソールとミニスカートのスポーティーなセットアップの他、フロントとバックで表情が変化するセクシーでエレガントなスイムウエア、マキシ丈のニットドレス、ナイロン地のパーカ、キラキラモチーフを施したTシャツなど、バリエーションに富んだアイテムを全30型そろえる。

 2月下旬から「オープニングセレモニー」表参道旗艦店をはじめ、新宿ルミネ2、渋谷パルコ店、大阪店の全4店舗で販売する。

【関連記事】
水原希子×「オープニングセレモニー」のコラボラインがデビュー
水原希子と「オープニングセレモニー」のコラボ第2弾が発売
オープニングセレモニーが表参道店1周年で水原希子とのコラボライン第3弾を発表
「オープニングセレモニー」が水原希子とのコラボライン第4弾を発表