ファッション

「ソマルタ」2014-15年秋冬東京 自然現象の図象化とアートの境界に迫る

 ランウェイ形式でのショーを行なわず、約60体のマネキンを階段状の舞台に配置した。そのマネキンには「ソマルタ」のシームレスドレスである"スキンシリーズ"が着用されている。まるで、同ブランドのアーカイブ・ミュージアムのように見えるが、デザイナーの廣川玉枝は「ファッションという形で見せているが、その壁を壊せばアートになる」とひと言。同じシリーズを実直に作り続けながら、素材や柄、ディテールが格段に進化した様子を表現したという。後に出てきた14-15年秋冬コレクションには、力強い"雪の結晶"がスカートやブラウスにのせられている。昨年開催された展覧会「中谷宇吉郎の森羅万象帖」や同氏のエッセイなどを通じ、自然現象の美しさを図象化した。繊細なレースやニット、ツイード素材といった織りや編地を駆使したライダースジャケットやコート群も特徴。さらに、草木柄でカモフラージュ柄を作り込み、モダンなブルゾンに仕上げた。力強いパターンと都会的な提案、そして先シーズンから引き続き、和装のテイストを取り入れた。折り紙を想起させるプリーツやパープルの生地を重ねたドレスは、非常にシャープな印象。そこに、過度なオリエンタルテイストはない。廣川デザイナーがアイテム化する自然現象や植物柄は、今シーズンも力強い。

 

?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら