ニュース

東急プラザ 渋谷が3月22日をもって閉館 特別セールや渋谷の歴史を辿る企画展実施

 東急不動産と東急不動産SCマネジメントは2015年3月22日、渋谷駅西口前の商業施設、東急プラザ 渋谷を閉館。49年の歴史に幕を閉じる。閉館後の跡地は、「渋谷駅地区 道玄坂街区開発計画」の一環として再開発し、18階建ての複合ビルを開業するほか、空港リムジンバスの着発場を含む、バスターミナルを導入する予定だ。

 これに伴い、東急プラザ 渋谷は「ハートフルフィナーレ」をコンセプトに閉館に向けたさまざまな企画を実施している。1月は特別セールをはじめ、限定メニューの提供や特別企画展を実施。セールは、1月2?31日の「閉館セール ラスト プラザバーゲン」と2月の「閉店売りつくしセール」、3月から閉館日までの「完全閉館売りつくし」3部に分けて行う(オフ率は未定)。また、地下2階から地上6階のレストランフロアまでの飲食店、約15店舗で「49年ありがとうメニュー」を用意。中華料理店の銀座アスターでは、「大山鶏の骨付きもも肉の広東風」(1620円)、ロシア料理店のロゴスキーでは「日替わりピロシキ」(291円)を1月から閉館日まで提供する。

 さらに、同館がオープンした1960年代から現在までの渋谷の歴史を振り返る企画展「東急プラザ 渋谷 タイムスリップギャラリー(仮称)」を開催。東急不動産の広報担当者は、「懐かしい渋谷の街を再現して、大人から子どもまで楽しめ、『無くなる前にもう1度訪れたい』と思っていただけるような企画を計画中だ」と話す。

【東急プラザ渋谷】
閉館日:2015年3月22日(日)
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-2-2
開業年月:1965年6月
建物携帯:地上9階地下2階
店舗面積:1万6386平方メートル
店舗数:約90店舗

■特別セールス
<閉館セール ラストプラザバーゲン>
期間:2015年1月2日〜末日?
<閉館売りつくし>
期間:2015年2月1日〜末日
<完全閉館売りつくし>
期間:2015年3月1日〜22日