ファッション

「ヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールドレーベル」がブランド名を変更 本国「レッドレーベル」は終了

 「ヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールドレーベル(VIVIENNE WESTWOOD GOLD LABEL)」はブランド名を2016-17年秋冬シーズンから「アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド(ANDREAS KRONTHALER FOR VIVIENNE WESTWOOD)」に変更する。アンドレアス・クロンターラー(Andreas Kronthaler)はヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)の夫であり、ヴィヴィアン・ウエストウッド社のクリエイティブ・ディレクターだ。

 また、同社は今後、「ヴィヴィアン・ウエストウッド(VIVIENNE WESTWOOD)」と「アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド」のメーンライン2つと、「ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア(VIVIENNE WESTWOOD ANGLOMANIA)」およびアクセサリーラインを展開する。本国の「ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル(VIVIENNE WESTWOOD RED LABEL)」は「ヴィヴィアン・ウエストウッド」に統合する。一方、日本でインコントロが手掛ける同ブランドのライセンス商品は継続する。また、メンズラインの「ヴィヴィアン・ウエストウッド マン(VIVIENNE WESTWOOD MAN)」も引き続き展開する。クロンターラーは「ここ数年、われわれはレッドカーペット、デニム、『ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア』『ワールズエンド(WORLDS END)』など、多くのラインを発表してきた。しかし、分かりづらくなり、混乱を招きかねなくなってきたため、今回の統合に至った」とコメントした。なお、「ヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールドレーベル」はパリで発表するウィメンズのコレクションライン、「ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル」はロンドンで発表するウィメンズのプレタポルテライン、「ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア」はよりカジュアルなディフュージョンラインだった。

 クロンターラーは1989年からヴィヴィアンと共にデザインをしてきた。出会った当時、ヴィヴィアンはウィーン応用美術大学でファッションの講師を務め、クロンターラーは生徒だった。その後、93年に結婚。ブランド名変更について、クロンターラーは「われわれの仕事の仕方は全く変わらないが、新しい方向性は取り入れる予定だ。これからがとても楽しみだ」と語った。

 「ヴィヴィアン・ウエストウッド」は日本では伊藤忠商事がマスターライセンシーを務め、その他インコントロやジョイックスコーポレーション、スタイルなどがサブライセンス契約を結んでいる。また、15年の連結売上高は1億ユーロ(約124億円)、小売売上高は3億ユーロ(約372億円)だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら