ファッション

サザビーリーグが女優・桐島かれんの「ハウスオブロータス」事業譲り受け

サザビーリーグは、女優の桐島かれんがクリエイティブ・ディレクターを務めるブランド「ハウスオブロータス(HOUSE OF LOTUS)」の事業を譲り受け、2015年12月に新会社ハウスオブロータスを設立した。社長には、帰山元成サザビーリーグ執行役員兼社長室室長が就いた。現在営業している広尾の店舗は2月28日で閉店し、今秋にはブランドをリスタートさせる予定だ。引き続き、桐島ディレクターが世界中から集めた服や服飾雑貨、生活雑貨、家具、オリジナル商品を販売する。

「ハウスオブロータス」は桐島ディレクターが02年に西麻布の一軒家でスタートした店舗で、東南アジアやインド、モロッコなどの手工芸品や雑貨などを販売してきた。今回の事業譲渡は、「人生を豊かにするラグジュアリーを提案したい」という「ハウスオブロータス」のコンセプトと、サザビーリーグのライフスタイル提案に対する理念が合致したことで行われた。同社のブランド運営のノウハウを「ハウスオブロータス」事業にも生かす考えだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら