ニュース

三越伊勢丹が3店舗で営業時間を短縮 販売員の働く環境を改善

 三越伊勢丹ホールディングスは、三越日本橋本店、伊勢丹立川店、伊勢丹浦和店の3店舗で営業時間を今年上期(4〜9月)に短縮する。3店舗の営業時間はこれまで全館、あるいはフロアによって9.5時間だったが、これを全館で10時30分開店・19時30分閉店の9時間営業に改める。販売員の労働環境の改善によって、接客・サービスの向上につなげる狙いだ。同様の取り組みは2009年以降、首都圏の店舗で順次進められており、伊勢丹松戸店、伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、三越千葉店、三越恵比寿店、三越多摩センター店では9時間営業、都心の伊勢丹新宿店と三越銀座店も開店時間を30分遅い10時30分にした9.5時間営業を定着させた。

 百貨店は1995年以降、消費者のライフスタイルの変化や大店法の改正、ショッピングセンターとの競合激化などで、営業時間と営業日が延長の一途になった。首都圏では10時開店・20時閉店の10時間営業が定着した。同社の大西洋・社長は営業時間が長くなるほど接客やサービスの質は劣化するという問題意識を持ち、改革を行ってきた。早番・遅番の交代制ではなく、営業時間を短縮し、開店から閉店まで勤務する一直(いっちょく)を増やすことが「お客さまがいつおみえになっても、いつものスタイリスト(販売員)がお買い場(売り場)にいることになり、丁寧なおもてなしができるようになる」と主張する。

 同社は11年から2月と8月に計4日の店舗休業日を復活させたのに続き、今年は首都圏の8店舗で1月1日と2日を休業日にし、初売りを3日スタートにして話題になった。大西社長は「元日と2日の店休は第一ステップであり、いずれは3が日を休むようにしたい」と話している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら