ファッション

「スープストック」が「カレーストック」になる2日間 老舗メーカーと開発した“本気のカレー”を楽しめる夏祭り

「スープストック トーキョー(SOUP STOCK TOKYO)」(以下、スープストック)は6月21、22日の2日間、カレーを楽しむ夏祭り「カレーストック トーキョー(以下、カレーストック)」を開催する(白馬店を除く外食全店舗と、家で食べるスープストック一部店舗)。同イベントは今年9回目、2日限りのカレー専門店としてインドをはじめ世界各地を旅して生まれた“本気のカレー”8~12種類を提供する。

今年の新作は南インド発その名も“ラッチャ”

今年の新作は、“バルタラッチャチキンカレー(南インド風ローストココナッツカレー)”で、通称“ラッチャ”。ローストココナッツのシャリシャリとした食感とカレーリーフの香ばしさに、10種類以上のスパイスと塩麹の隠し味が効いた一品だ。また、初のキッズカレー“7種類の野菜の辛くないマイルドカレー”が登場。8大アレルゲンを全く使用せず、玉ねぎやキャベツなど7種類の野菜を素材の水分だけで煮込み、すりつぶしたマイルドな旨味が詰まったカレーで、子どもはもちろんのこと大人も楽しめる。他、人気の酸味と大葉が爽やかな人気の“豚トロのビンダルーカレー”や通好みのほっとする優しい味わいの“花椒の麻婆カレー”、豚肉とヘチマが入ったさっぱり味の“白いスパイスカレー”などをそろえる。

おすすめは、1度に2種類のカレーが楽しめる“カレーとカレーのセット”で、組み合わせは28種類以上。料金は、カレーライスが730円〜、“カレーとカレーのセット”が1150円〜、3種類のカレーを楽しめる“カレーとカレーとカレーのセット”が1570円〜。キッズセットは、“7種の野菜の辛くないマイルドカレー”ドリンク付きで680円。黄色いものを持参し、注文時にスタッフに見せると“何かいいこと”があるという。

老舗メーカーとジャズセッションのようにして生まれる“本気の味”

今年25周年を迎えるスープストックは、今まで300種類以上のスープを作ってきた。スープメニューのうち、1〜2種類カレーを提供してきて、一気にカレーを紹介しようということで2016年にスタートしたのが夏祭り「カレーストック」だ。同社では、カレーもスープ同様、食材のおいしさを引き出しながら開発。「カレーの懐の深さを知ってほしい、1杯のカレーから新しい食文化や発見があれば」という思いから“本気のカレー”80種類以上をつくってきた。そのため、“ビンダルー”や“サンバール”など本場のネーミングをそのまま使用しているメニューも。チェーン店で“本気のカレー”を何種類も開発するのは至難の業だ。スープストックでは老舗カレーメーカーをはじめ、数社とこだわりや専門知識、技術をジャズセッションのように掛け合い、磨きあいながら開発している。

社員全員で文化祭のように取り組む毎年恒例の夏祭り「カレーストック」。通常よりも3割程度来店客が増えて、中には2〜3時間並ぶ店舗もあるほどの人気だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。