ファッション

韓国の最旬ブランド「マルディメクルディ」 代官山に日本初の旗艦店

韓国の「マルディメクルディ(MARDI MERCREDI)」は、東京・代官山に日本初の旗艦店を6月1日オープンする。

「マルディメクルディ」は2018年にスタートしたフレンチテイストのライフスタイルブランド。韓国の女優キム・ゴウン、IVEのアン・ユジンがブランドミューズを務めており、セレブリティーの着用率も高い。現地では「マーティンキム(MATIN KIM)」「マリテ+フランソワ・ジルボー(MARITHE + FRANCOIS GIRBAUD)」と並ぶリアルクローズの大人気ブランドとして知られ、それぞれの頭文字をとって“3マ”と称されている。3マの日本直営店オープンは今回が初めてだ。

「マルディメクルディ」は日本では公式ECと「ゾゾ(ZOZO)」で購入でき、シグニチャーであるフラワーグラフィック柄のTシャツなどは日本の若者の間ですでに大人気。日本でもこれまで伊勢丹新宿本店(23年6月)、阪急うめだ本店(同10月)などでポップアップストアを実施してきたが、いずれも大きな反響があった。

代官山旗艦店は、日本のリアル販路では初となるフルラインアップ展開で、ウエアのほかバッグ、シューズ、アクセサリーをそろえる。店舗限定商品として、薔薇モチーフの半袖Tシャツ(スリムフィット6050円、オーバーサイズ7700円)とタンクトップ(6050円)、エコバッグ(4950円)を用意する。購入者全員にハンドタオル、1万5000円以上購入で香水、3万円以上購入でエコバッグを特典としてプレゼントする。

◼️Mardi Mercredi Daikanyama
住所:東京都渋谷区代官山町20-5 1F/2F
営業時間: 11:00-19:00
定休日:年中無休

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。