ビューティ

「ザボディショップ」のフランス事業もイギリスに続き破綻 世界中でリストラが進む

イギリス発の自然派化粧品ブランド「ザボディショップ(THE BODY SHOP)」のフランス事業が4月4日、破産管財人の管理下に入った。過剰な店舗展開の一方で過小な投資、そしてビューティ市場における激しい競争によるもの。現在「ザボディショップ」を運営する欧州プライベート・エクイティ投資大手のアウレリウス・グループ(AURELIUS GROUP)は2月初め、ヨーロッパとアジアの一部における大半の事業を、とある家族経営の企業に売却。売却の対象は、同ブランドの全世界における事業の約14%に相当する。

各国での事業状況

66店舗を展開し、約260人の従業員を抱える「ザボディショップ」のフランス事業は2週間前、パリの商業裁判所に破綻を申請した。再建計画を策定するため、24年秋まで6カ月間の観察期間を与えられている。イギリス事業は2月13日に破産管財人の管理下に入り、同月29日に75店舗を閉鎖、480人以上の従業員を解雇した。北米では3月1日に、61店舗(※編集部調べ)を展開するアメリカでの事業を停止、カナダで展開する105店舗のうち33店舗の閉鎖を開始しており、ECも停止した。

同ブランドは23年11月まで、ブラジルの化粧品大手ナチュラ&コー(NATURA & CO.)が運営。70カ国以上で約2800店舗を展開していた。ナチュラ&コーが保有していた当時、同ブランドの23年第3四半期の売上高は1億6470万ドル(約248億6970万円)だった。

「ザボディショップ」とは

「ザボディショップ」は1976年にアニータ・ロディック(Anita Roddick)が設立し、1号店をイギリス・ブライトンで開店。“目的”を持った、サステナブルなビューティブランドのパイオニアだった。動物実験に反対し、製造とサプライチェーンにおける持続可能性の実現に取り組んだロディックは、倫理と商業が両立し得ることを証明した、イギリスで最も早い起業家の一人だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。