ビューティ

「ヴィクトリア ベッカム ビューティ」がクレンジング発売 スキンケア事業を拡大

ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)が手がけるビューティブランド「ヴィクトリア ベッカム ビューティ(VICTORIA BECKHAM BEAUTY)」はこのほど、ブランド初となるクレンジングを発売した。同商品は、著名なセレブリティーフェイシャリスト兼エステティシャンのメラニー・グラント(Melanie Grant)と共同開発し、ジェルクレンザーとオイルクレンザーの2種をラインアップする。同商品は2年の歳月をかけて開発。オリーブ果実油や米ぬか油、アボガドオイル、発酵緑茶種子、乳酸、ダマスクローズ水、異性化糖などの美容成分を豊富に配合し、パッケージはベッカム創設者の細部へのこだわりを反映し、フォレストグリーンとダークブラウンカラーのシックなデザインを取り入れた。

ベッカム創設者は、「『ヴィクトリア ベッカム ビューティ』のセラムとモイスチャライザーの品質基準に見合う、市場にまだない感触のクレンザーを作りたかった」と述べた。グラント=フェイシャリスト兼エステティシャンは、米ロサンゼルスと豪シドニーにスタジオを所有し、25年間にわたりエステティックビジネスで成功してきた人物。「彼女はエステサロンのフェイシャルトリートメントだけでなくスキンケアにおいても頼れる存在。私たちは完璧なクレンザーを見つけられないことについていつも語り合っていて、コラボレーションというアイデアは自然に湧き起こった。私は自分が知らないことはその分野の一流の人々と共に何かを生み出したいと常に思っている」と話した。

同ブランドは2019年にスタートし、順調に拡大。特に米国市場の売り上げが伸びている。昨年9月には、自社製造にてジェローム・エピネット(Jerome Epinette)調香師との協業による3種のオードパルファム“ポルトフィーノ‘97”“スイート302”“サンイシドロ・ドライブ”を発売した。カティア・ボーシャン(Katia Beauchamp)最高経営責任者(CEO)は、「2023年10〜12月期(第4四半期)のフレグランスカテゴリーは非常に好調だった。24年1〜3月期(第1四半期)も好調に推移している。ヴィクトリアはファッション、フレグランス、スキンケアの3つのカテゴリーをブランドの軸とすることを望んでおり、われわれも3カテゴリー全てで消費者と信頼関係を築く必要があると思っている」と述べた。同ブランドは近年、直営ECサイトを中心に顧客獲得に成功している。

またヴィクトリア創設者は、4年前からスキンケア事業で協業するドイツ発のドクターズスキンケアブランド「アウグスティヌス バーダー(AUGUSTINUS BADER)」と今年後半に新商品を発売することも明かした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。