ビューティ

「エルメス」が官能的な香りの新フレグランスを発売 栗毛の馬が着想源

エルメス(HERMES)」は3月6日、フレグランスコレクション“エルメッセンス”から、新作“ウード・アルザン”(100mL、4万7190円)を発売する。同コレクションから好きな香りを4種選べるノマドスプレーのセット(15mL×4本、2万4200円)も用意した。2月29日にオープンする麻布台ヒルズ店で先行販売を行う。

“ウード・アルザン”は、メゾンの香水クリエーション・ディレクターであるクリスティーヌ・ナジェル(Christine Nagel)が、エルメス主催の国際馬術大会「ソー・エルメス」の馬房を訪れた時に出合った一頭の栗毛の馬から着想を得た。その時の記憶を呼び起こし調香。アッサム産のウード(沈香)に、花びらを感じるナチュラルなローズウォーターとローズオキシドを掛け合わせ、官能的な香りに仕上げた。動物の温かみのある、うっとりとするような匂いを表現している。

ボトルデザインはプラムブラウンカラーを基調とし、栗毛馬の毛色にウードとローズのエッセンスが描き出す色合いの融合を表している。白亜色の柔らかなレザーキャップには、馬具作りから出発したメゾンのサヴォアフェールであるサドルステッチを施した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。