ファッション

「ユニクロ ユー」24年春夏物は3月8日発売 ユーティリティーディテールのランニングベストなど登場

ユニクロ(UNIQLO)」は3月8日、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)率いるパリデザインチームによる「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」の2024年春夏コレクションを発売する。ウィメンズ20型、メンズ24型、雑貨5型の計49型で、国内では75店と公式ECでフルランアップを販売し、一部商品は全店で展開する。

今季も独特のくすんだカラートーンが特徴で、「湖から着想を得たセージグリーン」「青磁色のセラドン」「落ち着いたパープル」「明るいカーキ」「クリームホワイト」「チェスナットブラウン」などで構成する。春夏の「ユニクロ ユー」といえばTシャツが主力商品の1つだが、定番となっている“エアリズムコットンクルーネックTシャツ”に長袖が登場。また、ウィメンズはスーピマコットンを使ったすっきりとしたネックラインのクルーネックTシャツがラインアップに加わる。日常とスポーツを境界なくつなぐユーティリティーディテールもポイントで、ポケット容量の大きなランニングベストなどが象徴的なアイテムの1つだ。

価格はアウターが3990〜1万2900円、パンツ・スカートが2990〜4990円、ニットが3990円、シャツが2990〜4990円、ワンピースが3990円、カットソーが1500〜3990円、バッグなどの雑貨が1990〜3990円。2月14日の20時から、「ユニクロ」アプリのライブ配信で全アイテムレビューも予定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。