ファッション

ダサくすればする程イケてる“ギークシック”って何?

今年急浮上しているトレンド“ギークシック”は、オタクを意味する“ギーク(Geek)”と洗練を意味する“シック(Chic)”が出合い、オタクっぽくなればなる程素敵なスタイルになるという造語だ。“ギークシック”の第一印象は「どこか親しげながら少しダサい」「これが本当にイケてるのかな?」と頭の中にはてなマークが浮かんだりもするけれど、ユニークで個性的なスタイルはどんどん目が離せなくなる。知的なイメージに現代的な洗練を与えることができる“ギークシック”スタイルを演出したいのなら、以下の3つのアイテムさえあればいい。

キーアイテム1. 分厚いプラスチック眼鏡

眼鏡は“ギークシック”ルックに欠かすことのできない必須アイテム。最近、Z世代のアイコンであるビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)がゴールデングローブ賞授賞式に丸いメガネを着用して出席して話題となったが、「ミュウミュウ(MIU MIU)」「ゼニア(ZEGNA)」をはじめ数多くのブランドのランウエイでゴーグルかと思う程の分厚いプラスチック素材のメガネを多数披露した。分厚いプラスチック眼鏡をスタイリングに取り入れればさまざまな色とフレームデザインで知的なイメージを見せるだけでなく、顔の特徴を強調して自分だけの個性をさらに生かすことができるはずだ。

キーアイテム2. ポロシャツ

クラシックでありながら多様なスタイリングが可能なポロシャツが“ギークシック”スタイルの流行とともにキーアイテムになると予想される。コロナ以降4年ぶりに2024年春夏ニューヨーク・ファッション・ウイークに復帰した「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」は、ブランドのアイコンであるポロシャツを幅広いデザインで披露し「グッチ(GUCCI)」「フェンディ(FENDI)」「ミュウミュウ」「セオリー(THEORY)」でもポロシャツを活用したカジュアルなルックからフォーマルなルックまでさまざまな演出されたルックを目にする事ができる。特に「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」のストライプ柄のポロシャツはいたずらっ子っぽい(お転婆な)魅力がプラスされ、“ギークシック”スタイルと相性抜群。

キーアイテム3. ベーシックニット

“ギークシック”スタイルに挑戦するために新しいアイテムを買うのが面倒だったら、ワードローブに一枚は必ずあるであろう、ベーシックなカラーのニットを活用してみると良い。重ね着がしやすいので、着心地の良いきちんとしたスタイルはもちろん、シャツと合わせてプレッピーなムードが加わったギークシックスタイルを簡単に完成させることができる。ギークシックのシックで都会的なツンとした魅力を強調したいのなら、体にフィットするウエスト丈のニットを選ぶこと。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。