ニュース

「ボビイ ブラウン」、 初のアジア広告塔にキム・スヒョン起用

 「ボビイ ブラウン」は、アジア地域限定の広告塔に韓国人女優のキム・スヒョンを起用した。同ブランドはこれまで、全世界共通の広告キャンペーンを展開していて、地域限定の広告塔を立てるのは今回が初めて。同キャンペーンは、キム・スヒョンが出演するメイクのハウツー動画を含み、6月まで韓国で限定公開した後、7月からその他のアジア太平洋各国で展開する。日本での公開も7月を予定する。 
 キム・スヒョンは、人気映画「アベンジャーズ」の続編で5月公開予定の「アベンジャーズ2(エイジ・オブ・ウルトロン)」に出演していて、韓国のみならず世界的に注目を集めている。このたびの起用について、マウリーン・ケース=「ボビイ ブラウン」プレジデントは、「アジアの中でも、特に韓国では、肌の艶や輝きを重視したナチュラルメイクが好まれていて、『ボビイ ブラウン』の精神に通じるものがある。しかしアジア女性が、グローバルの広告塔を務めるケイト・アップトンのビジュアルを自身のメイクやスタイルに落とし込むのは難しいかもしれない。だから、スヒョンの起用に至った。それぞれの地域で影響力のある著名人を起用し、その土地の美の基準や美容トレンドを反映した広告キャンペーンを展開することは有効だと思う」と語った。 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら