ファッション

「ジバンシィ」のマシュー・M・ウィリアムズが退任 

ジバンシィ(GIVENCHY)」のマシュー・M・ウィリアムズ(Matthew M. Williams)=クリエイティブ・ディレクターが、12月31日をもって退任することが分かった。2020年6月に就任した彼が手掛ける最後のコレクションは、近日公開されるメンズ&ウィメンズの24年プレ・フォール・コレクションになる。今回の退任は、ヨーロッパの伝統的なブランドにおけるクリエイティブ・ディレクターの短命化を際立たせるものであるとともに、1988年からLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)の傘下にある名高いクチュールメゾンの新たな改革を示唆するものだ。後任探しはまだ初期段階のようで、次の体制が発表されるまではデザインチームでコレクションを手掛ける。

ウィリアムズ=クリエイティブ・ディレクターは、デビューシーズンから強みであるハードウエア(金具)、特にテーラリングやレザーグッズに施した南京錠のような留め具や装飾的な要素をクリエイションの重要な柱とし、手の込んだデニムの加工やシューズの最先端技術でもその手腕を発揮。音楽業界との深いつながりやネットワークを生かし、新たな層へのリーチにも貢献した。

ビジネスの勢いは、主にアイコンバッグ“ヴォワイユー”と“シャークロックブーツ”の好調によって最近回復したように見えた。しかし、大きな商業的成功や広くメディアからの賞賛はウィリアムズによる「ジバンシィ」にはなく、同じLVMHファッション・グループ(LVMH FASHION GROUP)傘下の「ロエベ(LOEWE)」や「セリーヌ(CELINE)」の爆発的な成長に比べ、遅れをとってきた。

また在任中、ジョディ・フォスター(Jodie Foster)やケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)といったセレブリティーや「ティファニー(TIFFANY & CO.)」のハイジュエリーショーのためにクチュールドレスをデザインしたが、オートクチュール・ファッション・ウイークで本格的なコレクションを披露することはなかった。

ウィリアムズ=クリエイティブ・ディレクターは、「『ジバンシィ』のクリエイティブ・ディレクションを手掛けることは、2020年の就任時にも述べたように、生涯の夢だった。この3年間、私はユベール・ド・ジバンシィ(Hubert de Givenchy)氏のレガシーを受け継ぎながら、私自身のクリエイティブなビジョンをメゾンにもたらすことに努めてきた。この素晴らしい機会を与えてくれたアトリエや、ルノー・ド・レスケン(Renaud de Lesquen)=ジバンシィ最高経営責任者(CEO)、そしてLVMHに心から感謝したい」とコメントした。

一方、レスケンCEOはウィリアムズが「ジバンシィ」にもたらしたエネルギーに対する感謝を示し、「毅然としてクリエイティブかつコンテンポラリーな彼のコレクションは、新しい活力を生み出し、顧客を開拓した。マシューとの仕事を楽しんできた全ての人と共に、彼の今後の成功を祈っている」と述べた。声明の中で、同ブランドは「ウィリアムズがメゾンの商品ラインアップをモダンに刷新し、国際的な市場、特にアメリカと日本で新たな勢いを生み出すことに貢献した」と評価している。

ウィリアムズ=クリエイティブ・ディレクターは、「ジバンシィ」を手掛ける傍ら、15年に設立した自身のシグネチャーブランド「1017 アリックス 9SM(1017 ALYX 9SM 以下、アリックス)」を率いている。同ブランドは、11月17日に香港の起業家エイドリアン・チェン(Adrian Cheng)に過半数株式を売却したばかり。チェンとのパートナーシップにより、初となる独立型店舗のオープンや、将来性の高いジュエリーやシューズ、アクセサリーといったカテゴリーの強化などを計画している。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。