ファッション

「ギャップ」がショーン・ウェザースプーンと再びコラボ 10月14日に復刻商品発売

【追記:10月17日】ロゴフーディーの価格が2万6900円から1万6900円に変更になったため、文中とキャプションを修正しました。

「ギャップ(GAP)」は、米ロサンゼルスを拠点に活動するデザイナー兼アーティスト、ビンテージコレクターのショーン・ウェザースプーン(Sean Wotherspoon)と継続的なパートナーシップを結び、「ギャップ」アイテムの復刻コレクションを10月14日に発売する。全11アイテムで、ショーンが関わるものとしてこれまでで最大のアパレルコラボレーションになるという。「ギャップ」とショーンは、「ギャップ」の古着をショーンがキュレーションして数量限定で販売するイベントを6月に米国で、9月に日本の一部店舗で行っていた。また今秋物のグローバルキャンペーンでも、「ギャップ」はショーンやその子どもを起用している。

ショーンの母親は1990年代に「ギャップ」で働いていたといい、ショーンは「生涯のブランド・ファン」(発表資料から)という事情が、両者のこの間の蜜月の背景にある。コラボによる復刻コレクション発売に際し、ショーンは「リバーシブルのナイロンとフリースのジャケットは、父親が着ているのを見たり、母親が働いていたストアで着せてもらったりして、子どものころからいつも印象に残っていた」「品質、質感、カラーにこだわって、大好きな『ギャップ』のクラシックアイテムを完璧に再現したかった」などとコメントしている。

復刻した商品の具体的なラインアップは、ロゴフーディー(1万6900円)、デニムジャケット(1万8900円)、デニムパンツ(1万4900円)、コットンアノラック(1万6900円)、リバーシブルフリースハーフジッププルオーバー(2万4900円)など。プリントTシャツ(5990円)、コーデュロイキャップ(4990円)など、より買いやすい商品もそろう。

同コレクションは、国内は実店舗7店(新宿フラッグス、心斎橋、池袋東武、ラゾーナ川崎プラザ、神戸ハーバーランドumie、ららぽーとTOKYO-BAY、イオンレイクタウン)と、2つのEC(公式EC、ZOZOTOWN)で販売する。ロゴフーディーの白は日本限定カラー。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。