ファッション

ユニクロ“ヒートテック”がカラバリを拡充して発売 史上最も薄い“ウルトラライト”が登場

ユニクロは、秋冬シーズンの定番である“ヒートテック”シリーズを発売する。今年は快適性を追求した新素材を開発し、デザインやカラーバリエーションを拡充した。

新商品はウィメンズのシリーズ史上最も薄い“ヒートテック ウルトラライト タートルネック Tシャツ”(1290円)と、メンズの“ヒートテック クルーネックT(カラーブロック)”(1290円)を新たにそろえる。

定番の“ヒートテックインナー”もアップデート。素材をリサイクルポリエステルに、ケアラベルをプリント仕様に変更した。昨年、豊富なカラーバリエーションで登場した1枚で着用できる “ヒートテックシームレスリブタートルネック T(極暖)”は、編地を改良して毛玉ができにくいよう進化。“ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)”は、空気をより多く含む特殊な編地の新素材へアップデートした。

“ヒートテックインナー”と“ヒートテックウルトラウォーム(超極暖)”は、どちらもカラーバリエーションを拡充してそろえる。

また、ファーストリテイリング傘下のフランス発ランジェリーブランド、「プリンセス タム・タム(PRINCESSE TAM.TAM)」とコラボしたホリデーコレクションも用意した。ラインアップするのは、“シームレスリブタートルネック T シャツ” (1990 円)とソックス(590 円)で、11月10日に発売する。

“ヒートテック”は、今年で発売20周年を迎える。シリーズの累計販売枚数は、15億枚にのぼる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。