ファッション

「ディオール オム」2015-16年秋冬パリメンズ 進むべき道を見せた、端正のセットアップ

 「ディオール オム」の2015-16年秋冬メンズ・コレクションは、スワローテイルのフォーマル、タキシードから幕を開けた。タキシードは、見かける機会がすっかり減ってしまった伝統的なフォーマルウエア。ここからスタートするところに、クリス・ヴァン・アッシュの「若い世代に、『ディオール オム』の美しいスーツを着てほしい」という想いが、今シーズンはさらに強くなったことが伺える。このメゾンでクリスが提案したいのは、トレンドの先頭をひた走るモードではなく、あくまで、男性にとってのドレスのような存在で欠くことのできないスーツ。それは、たびたびインタビューで口にしている。

 だからこそ、序盤はラペルこそ短く、丈はコンパクトに、ボトムスもスリムにとアップデートこそしているものの、ラペルはサテンで、オール・ブラックで、カマーバンドさえしっかり取りつけた伝統的なフォーマルが相次いだ。伝統と少しだけ異なる点があるとしたら、それは、足元がスニーカーなところ。そして、今シーズンの「ディオール オム」は、この「少しだけの違い」をキーワードに、端正なセットアップを連打し、見る者を魅了する。

 「少しだけの違い」の種類はさまざまだ。たとえばキャップや被ったり、ラペルにカンバッジをプラスしたりというスタイリングもあれば、素材をデニムやレザーに変えるという提案もある。また、グレンチェックのスタイルにほんの少しのブルーやイエローを混ぜるという配色のアイデアもあれば、スポーティなメッシュやヴィンテージライクなレザーを使うという素材についての考察も存在する。ただし、いずれもデザインは基本から大きく変わらない。「何かを変えたら、ほかは変えない」というミニマルなアプローチに徹しており、これが、いずれのスタイルにおいても圧倒的な美しさを保証する。誰もが「美しい」と共感できる、安心感の高いコレクション。クリスの「ディオール オム」は、進むべき道を見出し、着実に歩みを進めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。