ファッション

「スウォッチ」の新作ウオッチは80年代に“もしもスクエア型にしていたら”に着想

スウォッチ(SWATCH)」は“バイオセラミック ワット イフ?(BIOCERAMIC WHAT IF?)”コレクションと題した4種の時計を発売した。価格は全て1万5400円。「スウォッチ」店舗および公式サイトで取り扱う。

時計はスクエア型のフォームを採用し、カラーは「スウォッチ」の初代モデルに着想を得ている。ケースやクラウン、バックルは、セラミックパウダーとバイオ由来素材を用いた“スウォッチ バイオセラミック”を使用し、強度と耐久性を実現した。またバイオ由来素材のエッジトゥエッジガラスや一体型ストラップの使用は同ブランド初の試みだ。

1980年代に「スウォッチ」は、時計のデザインをスクエア型ではなく、ラウンド型を採用した。同コレクションは、“もしもスクエア型を採用していたら”という発想をもとに制作された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。