ファッション

ファッショニスタに朗報 しょうゆ、ケチャップなどの汚れに“洗い”&“すすぎ”ができるペン型染み抜きが登場

 

 ロングセラーの足裏角質ケア“ベビーフット”シリーズをはじめ日用品やコスメ、機能衣料などを企画・販売するリベルタは4月14日、衣類の染みをケアする“洗技 携帯もできるシミ抜きペン”(税込968円)を全国の一部ホームセンター、ドラッグストア、公式オンラインショップ、ECモールで発売する。

 食べこぼしなどによる衣類の染み跡を残さないためには、“洗い”で汚れを分解することに加えて、その後の“洗い流し”作業がポイントであるというプロの技術を再現すべく、ダブルエンド型で“洗い”用と“すすぎ”用の2剤式を採用した。1本で染み抜きが完結し、洗い流しまで行うことで染み跡を防ぐ。同社実施の服の染み汚れにまつわる悩みに関してのアンケート調査(※)では、約98%以上の大人が「出先での食事中にうっかり洋服を汚してしまった経験がある」と回答した。“同 シミ抜きペン”は持ち運びに便利なペンタイプで、うどんやそばなどのつゆ類、しょうゆ、ケチャップやソース、さらにボールペンなどの“うっかり汚れ”に対応する。エタノールを配合し、出先での“応急処置”時も雑菌が繁殖しにくいのも特徴だ。

 同日には、スニーカーなどの頑固な泥汚れを落とす“洗技 泡漬け洗浄スプレー” (300mL、税込1298円)も発売する。スプレー式で直接スニーカーなどに吹きかけ、そのまま10分ほど放置する“泡漬けパック”の発想で高い洗浄力を発揮。ブラシで軽くこすりながらの洗い流しを推奨しているが、いわゆる“ゴシゴシ洗い”の手間を削減する。漂白剤などの色落ちさせる成分は無配合のため、色柄のスニーカーや靴下、ユニフォームなどの部分的な泥汚れにも使用できる。

※インターネット調査「服の染み汚れについての調査」2022年12月5~11日、男女20~60代、90人対象

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。