ファッション

「マリメッコ」がNYのアーティスト、ランドン・メッツとのコラボコレクションを発売 水彩画のような質感を表現した9型

 フィンランド発の「マリメッコ(MARIMEKKO)」は、ニューヨークを拠点に活動するアーティスト、ランドン・メッツ(Landon Metz)とのカプセルコレクションを発表した。ラインアップしたのは、ワンピースやなどのウエアやバッグ、スカーフなどの9型。3月29日から表参道店、新宿伊勢丹店、マリメッコ日本公式オンラインストア、マリメッコ ゾゾタウン店で、4月12日からは吉祥寺店、松屋銀座店、京都店、難波店、神戸店、福岡店で販売する。

 今回のコレクションは、ミニマルなフォームをダイナミックに描く抽象的なアート作品で知られるランドン・メッツを迎え、「ウエアラブルなアート」をテーマに制作した。シンプルで無駄のないシルエットが、メッツのプリントデザインを引き立てる。

 メッツが今回、描き下ろしたのは、連続モチーフとリズムをテーマに描いた瞑想的なアート。水彩画のように見えるデザインを、オリジナル作品に極力近い質感で表現したという。ファブリックをキャンバスに描かれたポピーレッドやネイビーブルーのモチーフは、ポジティブなムードを醸している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。