ビューティ

「オルビスユー」が初のベースメイクアイテム発売 併買ニーズに着目、スキンケアの知見注ぎ開発

 「オルビス(ORBIS)」は3月22日、エイジングスキンケアシリーズ“オルビスユー”からシリーズ初のベースメイクを発売する。アイテムはプライマーとクッションファンデーションの2種類で、中国、台湾、シンガポールでも順次発売。販売初年度のシリーズ売り上げ8.5 億を目指す。

 「オルビスユー」はエイジングスキンケアブランドとして2014年に誕生。18年には香料や着色料などを配合しないブランドポリシーはそのままに処方からパッケージまで全てを刷新し、ポーラ・オルビスグループのエイジングケアの研究開発、知見を注ぎ込んだ。このリニューアルを機に同社調べで累計1806万個突破(2018年10月1日~2022年11月30日)したほか、各美容媒体でベストコスメを多数獲得するなど、ブランドを代表するシリーズに成長した。22年8月には肌の基礎体力”に着目した2度目の全面刷新を行っている。

 国内化粧品市場はコロナ禍の影響で20年からメイク分野売上全体が減少の傾向にあるが、オルビススキンケア製品の購入者はベースメイク併買傾向が高く、22年時は全体の32.5%が併買していた点に着目。ベースメイクとスキンケアにおける相関性から、大きな伸長性が見込めると判断した。また、日中メイクをしている時間は長く、スキンケアにとってベースメイクは重要な役割を果たすことから、「塗っているだけで本格スキンケアケア」ができるベースメイクの開発を目指した。

 誕生した“オルビスユー トリートメントプライマー” [SPF50・PA+++](30g 、税込 1760円、以下同)、“オルビスユー トリートメントクッションファンデーション” [SPF30・PA+++](全4色、パフ付きリフィル2530円/別売りケース880円、別売りパフ440円)は、ともにバリア機能の低下により外敵ダメ―ジを受けやすくなり、肌不調が現れる状態を繰り返す点に着目。守るケアと潤いを与えるケアで、メイクアップ中の肌を優しくケアする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。