ファッション

「ヌメロ トウキョウ」田中杏子編集長の「ラビトン」第3弾 「カラー」とのコラボスエットを発売

 「ヌメロ トウキョウ(Numero TOKYO)」の田中杏子編集長が手掛けるプロジェクト「ラビトン(RABBITON)」は、「カラー(KOLOR)」とのコラボレーション第3弾としてスエットを11月2日に発売する。同プロジェクトの公式オンラインサイトと「ヌメロ クローゼット(Numero CLOSET)」で取り扱う。イメージモデルには大平修蔵とエル(ele)を起用している。

 スエット(税込2万6400〜2万7500円)は、「カラー」定番の厚手のコットンを使用したスエットをベースにデザイン。後ろ身頃に少し丸みがある立体的なシルエットで、裏起毛でやわらかい着心地だ。フロントには昨年完売したTシャツのロゴを大胆にあしらっている。カラーはグレー×ブラック、グレー×ホワイト、ブラック×クリア、ブラック×シルバーの4色を用意する。

 また、セレクトショップ「サードマガジン(THIRD MAGAZINE)」とジュエリーブランド「イニシャルイズ(INITIAL IS)」とトリプルコラボしたパールチョーカー(同11万円)も販売する。日本の天然真珠を使い、カジュアルからフォーマルまで幅広いスタイルに合うように長さを短く仕上げた。ゴールドの留め具はマグネット式になっている。

 「ラビトン」は、田中編集長のディレクションにより2021年4月にスタート。“注目するモノ・コトに“ビックリマーク‼︎”を付け、みんなの視線を集める”をコンセプトに、田中が注目するファッションブランドやカルチャー、アート、建築、社会活動などを発信していく。プロジェクトのロゴは、ビックリマークに口と舌を加えてウサギのように見えるデザインに仕上げた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。