ファッション

東京のアートシーンで注目される若手作家、中村桃子と塚本暁宣による二人展がSAIで開催

 東京を拠点に活動する2人の若手アーティスト、中村桃子と塚本暁宣による二人展「A Walk in the Park」が10月27日から11月6日まで、東京・渋谷の複合施設「ミヤシタパーク」のサイギャラリー(SAI GALLERY)で開催される。

 「肖像」 をモチーフに各々のスタイルを展開し表現を続ける2人は現在、東京のアートシーンを中心に注目される若手作家だ。装画やアパレルブランドのテキスタイルイラストなどを手掛けるほか、広告やミュージシャンとのコラボレーションなど、スタイリッシュで物憂げな世界観が、さまざまなカルチャーシーンから注目を集めている中村桃子と、グラフィティー文化から刺激を受け、ポップ・ストリートカルチャーとキュビズムが融合したかのようなユニークなスタイルを確立する塚本暁宣。塚本は昨年、「ベドウィン&ザ ハートブレイカーズ(BEDWIN & THE HEARTBREAKERS)」 の渡辺真史ディレクターが手掛けるショップ、「デイズ(DAYZ)」内で個展を開催しているため、昨年に続いて「ミヤシタパーク」内の展示は2回目となる。

 同展のタイトル「A Walk in the Park」は「難しくない、簡単だよ」といった意味のスラング。軽妙なタイトルが、実験的な同展にバランスを取るかのごとく付与されている。展示には、100号を最大としてさまざまなサイズのキャンバス作品、ドローイングから立体作品まで、各作家の新作が登場する予定だ。

中村桃子(なかむら・ももこ)

1991年東京生まれ。グラフィックデザイン事務所を経て、イラストレーター、アーティストとして活動。広告、装画、雑誌、音楽 、アパレルブランドのテキスタイルなど。スタイリッシュでエモーショナルな女性と、生き物の様な特徴的な花をポップな世界観で描く。

塚本暁宣(つかもと・あき)

1989年生まれ。武蔵野美術大学大学院修了。2016年に渡米し4年間のニューヨーク滞在を経て、現在は東京を拠点に国内外問わず多数の展示を行っている。

■中村桃子×塚本暁宣2人展「A Walk in the Park」

会期:2022年10月27日〜11月6日(無休)
会場:SAI
住所:東京都渋谷区神宮前 6-20-10 RAYARD MIYASHITA PARK South 3F
時間:11:00〜20:00

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。