ファッション

【スナップ】山下智久や大平修蔵らが来場した「オニツカタイガー」2023年春夏コレクションのアフターパーティー

 「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」はこのほど、クリエイティブ・ディレクターのアンドレア・ポンピリオ(Andrea Pompilio)による2023年春夏コレクションをイタリア・ミラノで発表した。

 4度目のミラノ・コレクション参加となった今シーズンは、“ジャパニーズ・ミニマリズム”がテーマ。メインカラーにブラックとホワイトを採用し、ブランドのシグニチャーカラーであるイエローとシソの葉に着想したグリーンをアクセントに、引き算の美学が感じられるミニマルなルックを披露した。

 ショー後には、ミア・モレッティ(Mia Moretti)やクロエ・カイエ(Chloe Caillet)らがDJを務めたアフターパーティーを開催。韓国のボーイズグループGOT7のメンバーであるユギョム(YUGYEOM)や、タイ出身の女優でモデルのバイファーン(Baifern)、フィリピンの女優ハート・エヴァンジェリスタ(Heart Evangelista)、ラッパーのカイル(Kyle)、インドネシア出身の女優でモデルのルナ・マヤ(Luna Maya)らが姿を見せたほか、日本からは山下智久や大平修蔵、姉弟モデルのミチとよしあきらが来場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。