ファッション

「ブルックス ブラザーズ」が取り組むサステナブルな1カ月キャンペーン

 「ブルックス ブラザーズ(BROOKS BROTHERS)」は10月1〜31日の期間、キャンペーン「サスティナ ブルックス」を実施する。今春に続く開催で、同ブランドは「初回に大きな反響をいただき、2回目に至った」と話す。

 同キャンペーンは、リサイクル・リペア・クリーニングの3項目からなる。例えばリサイクルは、着られなくなった同ブランドの服を店舗に持ち込むと(1人1回の来店で9点まで)、JEPLAN(旧、日本環境設計)を通じてポリエステル原料などに再生するもの。持参者には、1000円オフのチケット(5500円[税込]以上の購入につき1枚利用可能)を手渡す。

 またリペアは、袖やウエスト、股下の無料修理やボタン付けを行うもので、購入から3年以内の同ブランドの商品が対象となる(点数制限なし、メンバーシップ入会が条件)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。