ファッション

ラフォーレ原宿で体験型アートイベント「PEEP展」 ヘアメイクアーティストのYOUCAがディレクション

 ヘアメイクアーティストのYOUCAがディレクションする体験型アートイベント「PEEP展」が、ラフォーレ原宿6FのBE AT STUDIO HARAJUKUで8月31日〜9月11日に開催される。

 ビームスとフロウプラトウの合弁会社であるビーアットが共催パートナーとして参加した同展は、新しい学校のリーダーズや三戸なつめ、おかもとえみなどのアーティストとのコラボレーション作品の展示・グッズ販売のほか、体験型コンテンツを用意する。

 “覗き見”体験アートとして、「セレモニー」をテーマにした新しい学校のリーダーズによるパフォーマンスや、“妖精ミトール”に扮した三戸なつめによるパフォーマンスを提供する。グッズはTシャツやマグカップ、トートバッグをそろえる。

 「PEEP展」開催にあたってYOUCAは「一人ひとりのモデルさんから、インスピレーションを受けてイメージした私の妄想を軸にクリエーターさんたちと作り上げた本展示は云うなれば、『大人の作品作り』です。大人になるにつれて、誰かのために『作る』ことが増えましたが、仲良くなったモデルさんやクリエイーター仲間と夜通し真剣に、そしてお腹を抱えて笑いながら自分たちだけの作品を作っていた駆け出しの頃を思い出しながら企画、制作をしました。平凡な日常に愉快な妄想と“覗きみる”というスパイスをくわえて、誰もがドキドキやワクワクしてもらえるような展示になっていたら嬉しいと思っています」とコメントした。

 YOUCAは、2011年にヘアメイクアップアーティストとして活動を開始。アソビシステム所属アーティストをはじめ、著名人のヘアメイクを手がける。2016年からはイラストやコラージュアート、アートディレクションを始め、2018年のアート展「パラレル」開催を機にアーティストとしての活動も開始した。

■PEEP展
会期:8月31日〜9月11日
場所:BE AT STUDIO HARAJUKU
住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6ラフォーレ原宿6F
営業時間:11:00~20:00(ラフォーレ原宿の営業に準ずる)
チケット価格:前売り券 大人700円/学生500円、当日券 大人800円/学生:600円
※小学生以下無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら