コレクション

「ガンリュウ」2016-17年秋冬コレクション

REPORT

「ガンリュウ(GANRYU)」が2016-17年秋冬コレクションを発表した。デニムのカーコートにベスト、シャンブレー風のシャツに加え、ボトムスもショーツとフルレングスをレイヤードした全身デニムのルックで幕開け。ショー前半は、デニム素材を軸にしたワークスタイル。色味はダークトーンで控えめながら、ノルディック柄のアンサンブルニットやマフラー、ニットキャップなど、スタイリングで遊び心を効かせている。中盤以降も、異なるトーンのボアをパッチワークしたベストや、チェックを組み合わせたネルシャツ、テーラードカラーのビビッドなダウンジャケットなど、ワークとノルディックが交差するスタイルが続く。センターのファスナーを足元まで締めればロングスカートになるパンツなど、ギミックの効いたアイテムが満載。和装の羽織を思わせるオーバーサイズのコートは、スタイリング次第でさまざまに表情を変える。

ウィメンズもメンズの雰囲気を踏襲し、トグル付きのGジャンやカウチン風のボレロなど、王道のカジュアルアイテムに「ガンリュウ」ならではの自由な感覚でアレンジを施し、色味を抑えたカラーリングでシックにまとめ上げた。

LOOK