ビューティ

「ビープル」が三軒茶屋商店街と連携強め、街に根ざした店作り推進

有料会員限定記事

 「ビープル(BIOPLE)」三軒茶屋店は2020年10月、世田谷区の三軒茶屋栄通り商店街にオープンした。街に根付き、そこに暮らす人々に愛される店を目指す同店が、その実現のためにどのように地元商店街との連携を深めているのか? 川崎きよみ三軒茶屋商店街振興組合理事と同店を運営する椋林裕貴マッシュビューティーラボ副社長に聞いた。(この記事はWWDジャパン2022年5月30日号からの抜粋に加筆をしています)

WWDJAPAN(以下、WWD): 「ビープル」三軒茶屋店のオーブンが商店街に与えた影響は?

川崎きよみ三軒茶屋商店街振興組合理事(以下、川崎):一番は商店街のイメージがおしゃれで明るくなったこと。商店街のイメージ=街のイメージなので、それは街全体の印象につながる。昔は八百屋や魚屋が立ち並んでいたが、現在は飲食店や不動産屋などが中心となる中、商店街の入り口に位置する場所で「ビープル」のようなおしゃれな物販店ができたことは商店街全体に大きな影響があった。それに、全面ガラス張りで中が見えるため、どんな人たちがどんな物を売っているのかがひと目で分かる。ただおしゃれとか明るいだけではなく、興味を惹く店としていい刺激を与えている。

WWD:なぜ、この場所に出店しようと思った?

椋林裕貴マッシュビューティーラボ副社長(以下、椋林): ここは元々マッシュクループがアイスクリームを販売していた場所。コロナ禍で飲食店が厳しくなる中、社内で「『ビープル』を出店したい」と手を挙げ挑戦した。飲み物や食べ物があり、毎日立ち寄ってデイリーに使える店、ホッと一息つける場、ハピネスをシェアできる空間として街に根ざした店を作りたかった。商店街はそれをかなえる最も適した場所。ターミナルの大きな場所ではなく、リアルに暮らしている人が多い場所でコミュニケートできたら、お互い有意義じゃないかと思った。

WWD:当初思い描いた「街に根ざした店作り」は、もう実現できている?

この続きを読むには…
残り2310⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら