ファッション

大阪文化服装学院が婦人服工場と協業して新ブランド「ユーオー」をスタート

 ファッション専門学校の大阪文化服装学院は、婦人服工場のアーバン(大阪、井上美明社長)と協業し、ブランド「ユーオー(UO)」をスタートする。6月3日にオープンする同ブランドのサイトで予約受付を開始する。商品の発送は7月上旬を予定する。

 「ユーオー」のターゲットは30代女性で、デビューシーズンは全22型を展開する。価格はジャケットが税込3万1300~6万500円、ワンピースが2万1400~3万5000円、シャツが1万3000~2万7500円、スカートが1万9500~2万7500円など。受注生産により製品ロスも回避する。

 デビューシーズンを手掛けたのは、企画開始時に2年生だったスーパーデザイナー学科の生徒(現3年生)26人で、9月販売の2022-23年秋冬物はファッション・クリエイター学科アパレルデザイナーコースの3年生19人が受け持つ。以降、ファッション・クリエイター学科の3年生がカリキュラムの一環として「ユーオー」のデザインを担当していく。カリキュラムは企画プレゼンテーションから始まり、デザインの決定、サンプル製作、撮影、ECサイトの準備、予約受付から発送までを5カ月かけて行う。

 大阪文化服装学院は「ユーオー」について、「学生による斬新でクリエティブなデザインを、婦人服を50年間近く作り続ける工場で、職人が丁寧に縫製して形にするもの」と説明する。アーバンは1974年に創業。大阪と大分に工場を構え、社員96人が所属する。両者は、これまでも人材採用などで交流があった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら