ファッション

米国小売業のダイナミズムを描く「アマゾンVSウォルマート」

 WWDJAPAN.comの「鈴木敏仁USリポート」でおなじみのロサンザルス在住の著者が、米国小売業を代表する2社に肉薄した「アマゾンVSウォルマート」(ダイヤモンド社)は、ファッションやビューティにかかわる業界人にとっても必読の一冊だ。まったく出自の異なる2社を比較することで、その思想と戦略を浮き彫りにする。そして意外な共通点も見えてくる。

 全産業を対象にした米国企業売上高ランキング(2020年)によると、ウォルマートが5591億ドルで1位、アマゾンが3860億ドルで2位だった。過去20年で売上高を倍増させたウォルマートを、2ケタ成長のアマゾンが猛追する。米国の小売業界は、2社を軸に動いているといっても過言ではない。そして両社の動向は、人々の暮らしを変える影響力を持っている。

 本書はメディアで断片的に報じられてきた両社の動きを、時系列に、筋立てて、ディテール豊かに分析することで、小売業の現在地を示す。水先案内の書である。

 鈴木氏がアマゾンを理解するきっかけになった元幹部の「アマゾンはEC企業ではない、データ企業だ」という言葉の意味を、たくさんの事例を通して追体験できる。そして大型店舗を持つウォルマートのDX(デジタルトランスフォーメーション)の成功が、半世紀前から脈々と続くテクノロジー経営の延長線上にあることに驚くだろう。「小売業は変化対応業」という格言があるが、この2社はそれを体現してきた。

 鈴木氏はエピローグでこうつづる。「日本の自動車業界のように、どこの国にも世界に誇ることができる業界があるもので、アメリカにとっては小売業界がそれにあたるのだろう」

 シリコンバレーのIT業界にばかりに目を奪われがちだが、アメリカはいつの時代も革新的な小売業のガリバーを生み出してきた。日本の高度経済成長期にダイエー、イトーヨーカ堂、ジャスコはチェーンストア理論の先駆者であるシアーズを、1980年代以降のアパレル各社もSPA(製造小売り)を生み出したギャップを徹底的に研究した。
 
 本書には、ECの枠を超えて世界の人々の生活を変える存在になったアマゾン、老舗小売業でありながらDXの先端を走るウォルマートの事例を通じて、小売業を考えるヒントが散りばめられている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら