ファッション

「ライカ」× 藤原ヒロシの特別限定モデルが発売

 カメラメーカーの「ライカ(LEICA)」が、藤原ヒロシ率いる「フラグメント(FRAGMENT DESIGN)」とのコラボレーションモデルを2型発売する。特別限定モデル“ライカM10モノクローム fragment Edition”(税込137万5000円)、“ライカQ2モノクローム fragment Edition”(税込99万円)は、ライカGINZA SIXにて5月末の発売を予定。各20台の数量限定で、現在予約を受け付けている。

 ライカ愛好家の藤原氏が今回選んだのは、いずれもモノクローム撮影専用機。

 “ライカM10モノクローム”は、レンジファインダー式デジタルカメラ。カラーフィルターを省いた4000万画素の高精細イメージセンサーによる、鮮明でシャープな描写が特長だ。コントラストと光に的を絞ることで、美しいモノクローム撮影を追求したモデル。

 “ライカQ2モノクローム”は、フルサイズコンパクトカメラとして世界で初めてモノクローム撮影専用の撮像素子を搭載したモデル。防塵・防滴や操作性に配慮したタフなボディ設計により、撮影環境や用途を問わず幅広いシーンで活躍する。

 2型とも本体カラーにはマットブラックを採用し、「ライカ」の赤いロゴを配さず、落ち着いた印象に統一された操作部の文字や数字は、“モノクローム”というコンセプトを強調したたたずまい。外装には通常のレザーに代わり、カウハイドレザーを用いることで、ミニマルで洗練された外観に仕上げた。トップカバーには「フラグメント」のロゴと文字を刻印している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら